初めての着物にはご用心

息子が五歳のときに、七五三で神社へお参りに行きました。家から離れたところへ車で行ったので息子は車内で眠ってしまい、到着後に起こされて不機嫌な様子。お祓いをしてもらうのに時間がかかるし、千歳飴は全然うれしくなかったみたいで、ブスッとした顔の写真ばかりになってしまいました。せっかくの七五三なので、後日に写真館を予約して着物姿の写真を撮ることにしました。本人にも言い聞かせ、着物姿でポーズを決める宣伝写真を見ながら「僕のカッコいい写真を撮るんだよ」なんて喜んでいたはずなのに、またもや・・・。初めての着物が、息子は相当嫌だったらしくて泣いて騒いで大変でした。幸いにも他のお客さんはいなくて、写真館の方が「時間をかけてやりましょう」って言ってくださったので、なだめながら何とか着付けを終えました。ぐずっていた息子も小道具の刀を持たせてもらったとたんに機嫌を直し、写真ではカッコよくポーズを決めました。大泣きした後の腫れぼったい目でしたけど、笑顔のいい写真が撮れました。息子にとっては、初めての場所、初めての人たち、初めての着物が、親が想像するよりずっと大きな負担になっていたのでしょう。事前にちょっと浴衣でも着せて慣らしたりとか、当日の着付けに私がもっとかかわってあげればよかったかな、と反省しています。
七五三の年齢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です